ご注意ください!

この寒波の到来、そして長い事真冬日(最高気温が零度以下)が続いていることにより、こんな業務が増えています。

『BSが映らない』

原因:

  • 氷点下での着雪により、アンテナを雪が覆ったため、受信状況が悪くなった。
  • 屋根からの落雪が、軒に回り込み、電波を遮った。(いわゆる、雪がびろーんっと巻いてしまう感じ)
  • アンテナの向きが風雪で変わってしまった。

 

『デジタル放送が映らない」

原因:

  • アンテナに雪が団子状にくっついてしまっている
  • 雪の重みで支線(針金)が引っ張られて、アンテナが曲がったり倒壊してしまった。
  • 雪の重みで、アンテナのケーブルが抜けてしまった。
  • アンテナケーブルとアンテナケーブルの結合部分に水がしみ込んでしまった。

 

『エアコンが暖まらない』

原因:

  • エアコンの室外機が雪だまりになり、ファンに氷または雪が固まった。
  • そもそも、エアコンの能力オーバーなぐらい外気温が低い。
  • 自分で吐き出した冷気をもう一度吸い込んでいる。(雪害対策の為、囲ってしまうとそうなる時があります)

 

『灯油エラー』

原因:

  • 灯油配管内、または石油タンク内に水が混じってしまっていたのが、凍結した事により流れを遮断した。

 

『給湯機エラー』

原因:

  • 凍結防止ヒーターの故障、電源抜け等により、配管が凍結したためお湯または水が出ない。
  • 循環式のお風呂の場合、お湯張りをしなかったため、循環ポンプが凍結し、お湯が張れない、または、追いだきしない。

 

などなど、厳寒時に寒さが原因で起こる故障の一部です。なお、対策としては工事や修理が必要なことが多いのですが、悪天候により修理や工事をやむなく中止または延期する場合もございますのでご了承ください。

また、アンテナや天候が原因ではなくて、機器の故障が原因の場合もありますので、その場合はご連絡ください。


  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

コメント 停止中