カテゴリー : 「セカイノカイノ」が行く!

2月つれづれ

大井沢の冬景色

今季はかなり厳冬で、寒くて雪が多くて、「記録的な~」的な部類に入るのではないでしょうか?
あい電カイノのお店がある大江町はなかなかの豪雪地帯と化してまして、また寒河江市も寒河江の割には多いのでは?という感じになっております。
山形弁で言うなら、「ゆぎうがくてやんばいだ。毎日ゆきかぎでやんだぐなた。」という感じでしょうか?

息子と屋根の雪下ろし

という前置きをして、ブログ更新が滞っていることの言い訳とさせてください。

山形市内もホワイトアウト

さて、我々の業界はコロナ禍大変忙しいです。「新生活様式」への対応、コロナ対策機器の相談、リモートワークの相談、家庭にいる時間が長くなり家を直したいというリフォームの相談、エアコンなどの空調や水廻りの相談など、我々への相談依頼が増えております。(かといって、売り上げが相談件数に比例するわけではありませんが)

リモート会議用に
ビデオカメラをキャプチャ

我々もコロナ対策を自前で行いながら、お客様に密着して(濃厚接触の意味ではなく)、お客様の生活を守っていきたいと考えております。お困りごとあれば、駆けつけて相談に乗りますので、ぜひ当社をうまく使ってください。お気軽にご相談のお電話をお待ちしております。

むーちゃんもエアコン設置中

ここで宣伝ですが、
寒河江市の有志で行っているお助けネットワーク「たすかるちゃあ」ですが、GOTO商店街(ゴートゥー商店街)に採択されました。
そして、現在「たすかるちゃあ」のホームページが立ち上がりつつあります。
当社も参加していて、事業者同志、お互いにお客様を紹介したり紹介されたりしているわけですが、それをホームページで一気に加速させて、買い物難民を寒河江から無くそうという作戦です(笑)

たるすかるちゃあホームページ => https://tasuculture.jp/

クリックすると
たすかるちゃあホーム―ページへ

まだまだ発展中ですが、ぜひのぞいてみてください。正式運用は2月10日以降になります。


話題のカルテック「My Air」

元SH社の社員が新しい光触媒を研究、開発し、大手総合電機メーカーを辞めて自社ブランドを立ち上げたカルテック株式会社。NHKの「おはよう日本」、日本テレビ「シューイチ」、日本経済新聞社「Web日経電子版」などメディアでも大注目の会社です。
カルテック社を有名にした光触媒の技術が、
『カルテックの光触媒による「新型コロナウイルス」(SARS-CoV-2)の感染力抑制効果と一定空間に浮遊する新型コロナウイルスに対する光触媒搭載の除菌脱臭機による感染力抑制効果を確認』
とトップニュースで話題になったのが10月でした。

KL-P01
KL-P01-W/K/O

そして、満を持してパーソナル空間除菌脱臭機「MY AIR」が発売されました。
この商品は、所持している人の吸い込む空気を除菌、脱臭化して安全に過ごしてもらおうというコンセプトの商品です。

そこで、当社社長カイノは考えました。
マスクを外して飲食する機会に、大勢の人と密になる状態になる機会に、マスクを外して講演やプレゼンを行う場合に、近い距離で会話をする機会に、お勧めではないか!と。
また、我々のような訪問型の営業や店頭での接客という職業の方にも最適ではないかと。
当社では従業員に携行させたいという社長カイノの考えの下、全営業、店頭販売が首からぶら下げることになりました。そして、多くのお客様にご紹介し、必要な方に使ってもらいたいと考え、12月1日より、

続きを読む

さがえさくらんぼプレミアム商品券

令和2年12月1日より寒河江市緊急経済対策事業実行委員会から発行された「さがえさくらんぼプレミアム商品券」。

当社、あい電カイノ寒河江店にて、A券もB券も両方ご利用できます。
ただし、加盟店リストには「カイノ電器」ではなく、「あい電カイノ 寒河江店」で登録していますので、ご安心ください。
令和3年3月20日までに使い切ってくださいね。

なお、詳しい内容を知りたい方は、商品券の画像をクリックすると寒河江市商工会のホームページにジャンプします。


山形県プレミアム商品券情報 パート2

なぜか今頃追加された山形県プレミアム商品券。
寒河江・西村山のお店は、最大150シートまでというので150シートを応募しても100シートしか割り当てしてくれませんでした。
余ったので、残りの50シートを再配布してくれるそうです。

当日買えなくてお帰り願った方もいたのに、なぜに今頃…という感も、大いにありますが、気を取り直して再発売します。ただ、以下のようにルールを決めますのでご了承ください。

続きを読む

その選択、ホントに正しい?の続き

前回の投稿で、
『東北電力さんの「深夜機器割引」が終了すること』と、『とりあえず「電気料金プラン」の変更はせず、新電力の乗り換えも熟考してからにしましょう』
を説明させていただきました。

しかしながら、「電気温水器」と「蓄熱暖房器具」(以下蓄暖)をお使いの方はモヤモヤしているかと思います。
先日、お客様から相談があって、この電気温水器と蓄暖の組み合わせで深夜機器割引は4千円代後半でした。つまり、来年5月分からの電気代請求では年間6万円弱の割引が終了してしまうことになります。とても大きいですね。

続きを読む